Tag Archive for 食事のマナー

社員のためのテーブルマナー出張講座

先日は、礼法を学んでくださっている経営者ご夫妻と

そちらの会社のスタッフ向けテーブルマナー講座のご依頼がありまして

伺って参りました。

 

まずは、事務所にて座学を学んで頂きました。

そのマナーや所作の背景を知ることが大切。

 

何故なら、食事のマナーにはその国の文化的な背景がたくさんつまっています。

その文化を理解せずして形だけ真似てもそれはメッキでしかありません。

 

ですから、最初にお聞きします。

「マナーは何故学ぶのですか?」と。

 

相手を評価するため?

 

 

違います。

 

自分が恥をかかないため?

 

 

違います。

 

何のために講座を受けてマナーを身に着けるのかゴールが明確にないと型を覚えただけでは迷走してしまいます。

 

マナー講座をしていると

「あ、これ芸能人格付けランキングでやってました!」

というお声をよく聞きます。

(さすがに今回伺った会社は、知的な方が多かったのでそういう声は聞かれませんでしたが)

 

そうなんです。

 

何気なくいま書いてしまいましたが、その形や方法を知っているかどうかだけで、相手を格付けするということは、知的な人は決してしないのです。

 

何故なのか?

それは、講座を受けていただければ、お分かりになるでしょう。

とても一言でココに書き切れるものではありません。

 

マナー講座は、

芸能人格付けランキングやそれに類するテレビのマナー番組とは、全く違うものとお考え下さい。

 

こんな時どうするのか?

それは、インターネットや本でいくらでも調べることが出来ます。

 

専門家から学ぶという事には、それなりの大きなメリットがなければ

と考えております。

 

それがマナーの本質を捉えていただくことです。

そして、その本質を捉えていれば、相手をジャッジしたり、攻撃したり

そういう事がなくなります。

 

マナーは平和のためにあります。

 

出張講座、

座学の後には、みんなで実際にコース料理を頂きながら実践の経験を積みました。

 

食事中の会話も途切れず、

とても信頼関係のあるメンバーなのだと感じさせて頂ける時間でした。

 

このような会社で働いている方は、幸せですね。

幸せな人は、平和を作れます。

良い循環が生まれます。

 

平和な環境をわが社にも是非!

という方は出張講座を承ります。

お気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

 

座学ではフォークとナイフを
実際に持ってみたり…。

 

 

 

 

 

 

お食事後に感想を共有する時間を
作ってくださいました!

 

 

全員で記念撮影📷

 

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしい会社です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月の講座

11月の講座のご案内です。

2日(水)19:30~21:30 テーブルマナー基礎講座

ナイフとフォークの使い方とマナーや立ち居振る舞いについて
理論的に体系立ててお伝えいたします。
今まで、きちんと学んだことはないけれど出来ている、と思っている方にこそ
受けていただきたい講座です。
お子様にも自信を持って教えられるようになりますよ。

 

19日(土)10:00~13:00 / 14:00~17:00
パワーインプレッション講座 体験受講

和のマナー、プロトコール、上位者としてのセルフコントロールなどを
総合的に習得出来る講座です。
全3回の3回目となりますが、午前か午後のどちらかを体験受講できます。
毎回午前にも午後にも、姿勢と発声のレッスンが含まれています。

25日(金)19:30~22:00 フランス料理のマナー講座つき ディナー会

実際にフレンチレストランでお食事をしながら学んでいただける
大変お得な講座です。
実地でしかわからない疑問もその場で解決!
予約~入店~お食事~お会計 まで
男女別のふるまいについてもお伝えします。
これでクリスマスデートも必勝です☆

26日(土)9:30~11:30 礼法体験会

月に1回和室で心を静める礼法体験会。
立つ、座る、歩くという基本の動作をしっかり習得していただきます。
現代でも使える和室3大タブーなどもお伝えしますので
法事や会食、訪問などの際にも慌てずにスマートにふるまえます。

 

 

ナフキンの扱いにもルールがあります

テーブルマナーシリーズ第3回目は、ナフキンの扱いについてです。

ちょっといいレストランに行くと、お皿の上に綺麗に畳んで立ててある、あの布です。

四角に畳んであったり、筒状に丸めて留めてあったりしますね。

知っているようで知らないこのナフキンの扱いにも、

お店の方へのメッセージとなる、置き方の『ルール』というものがあります。

 

ルール1

中座する時には、椅子の上に置く

→また戻ってきて食事を再開しますよ~、というサイン

(とはいえ、改まった席や格式の高いお店や目上の方とのお席では

お食事前に化粧室は済ませておき、

デザートが出るまでは中座しないのもマナーです。)

また使うものを椅子の上に置くのは汚い気がするかもしれませんが、

既に膝の上(下半身)に掛けた時点で汚いものの扱いなのです。

昔、欧米では鼻をかんでしまう方もいらっしゃったとも言われておりますが、

口に含んでしまった魚の骨や果物の種はナフキンに吐き出して

端から折り込んで使っていました。

汚れたら、メイドさんに新しいのと変えてもらっていたのです。

 

ルール2

食べ終わった時には、テーブルの上に置く

→もうこれ以上は食べません、という食事終了のサイン

膝の上(=下半身)に置いた汚いナフキン。

それをテーブルの上に置くのは、もうこれ以上は食事をしないという時だけ。

 

ルールは、たった2つだけです!

これさえ知っていれば、その他のコトはどっちでも良いようなもの。

 

ちょっと化粧室に行くだけなのに、テーブルの上にナフキンを置いたら

戻って来た時に全て片付けられているかもしれません。

まぁ、普通はそんなことをしませんが。

「用事が出来て帰るのかしら」と思われても仕方ないということです。

 

逆に食べ終わって帰るのに、ナフキンを椅子の上に置いていたら

お店のスタッフは、「また戻ってくるのかな」と迷ってしまいます。

この2つだけは自信を持って確実にしてくださいね。

 

そして、

くれぐれも、ご自分のハンカチをお膝の上に広げないように。

それは「ここのナフキンは汚くて使えない」というサインになってしまいます。

お店の格によっては、

布ではなくて紙のナフキンが置いてあったりします。

これも大判のものであればお膝に広げて使いましょう。

 

ナフキンを最後に畳んでおくのは良くない、というのを

聞いたことがあるかもしれませんね。

どんなふうに膝にかけて、最後はどんなふうにテーブルに置いておくのか???

というのを講座で詳しくお伝えしております。

ジェントルマンなら心得ておきたい汚く見えずに

お店の方にも失礼にならない置き方があります。

ご興味ある方はどうぞ、講座にお越しくださいませ。

 

11月2日(水)19:30~21:30 テーブルマナー基礎講座

西新宿にて開催いたします!

どうぞお気軽に学びにいらしてくださいませ。

様々な雑学とともにお届けいたします♬

 

本日の朝食🌞

コーン入りコールスロー、エッグ(&ハム&チーズ)マフィン、柿、林檎ジュース、コーヒー

2016-10-23-00-55-54_deco

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« Older Entries