Tag Archive for 穀雨

穀雨(こくう)

4月20日は、二十四節気の穀雨です。

だんだん安定して温かくなり、もう寒さや霜の心配もありません。

この時期に農作物の種をまくと、雨に恵まれて成長が良くなると言われています。

成田のほうに住む知人からは、緑色の小さなカエルの写真が送られてきました。

まさに恵みの雨が降る季節です。

 

都会で可愛らしいカエルに出会えることは稀ですが、生命力に溢れるこの季節

お花屋さんでお花を買って活けてみると、お水はどんどん減りますし

葉も花も瑞々しく元気で、冬とは全く違う力強さを感じます。

 

折をみて、公園や野山に出かけてみたいと思います。

もうすぐ始まるゴールデンウィークが楽しみですね。

 

 

 

穀雨(こくう)

今日は、二十四節気の「穀雨」です。

「穀雨」とは、田畑の準備が整い、

本格的な農作業に入る前に

田畑を潤し穀物の生長を促す春雨のことをいいます。

野菜も草花も青々と葉を育てる時期に入ります。

 

この時期の雨のことを

「菜種梅雨(なたねづゆ)」とも言いますね。

 

この間まで寒さに凍えながらお花見をしていたのに

ここ数日は日本各地で夏日となったり…。

異常気象のようです。

とはいえ、ゴールデンウィークもすぐそこです。

初夏は近くにあるのですね。

 

ゴールデンウィーク時期は昼間が夏日でも

夕方から夜にかけては気温が急に下がる事も多いですね。

1日の中でも寒暖の差が激しい季節に入りますので

どうぞ1枚羽織る物をお持ちになって

体調を崩されないように

気を付けてくださいね。

 

二十四節気は、ピンポイントでその日を示すこともありますが

概ね、その日から15日間を指します。

穀雨の期間の終わりごろには、

八十八夜があり、すぐ立夏です。

 

そして、田植えの時期がきて夏がきて

秋に収穫し、冬がきます。

必ず訪れる素晴らしい循環。

当たり前のようですが、ありがたいことです。

 

今日も良い1日でありますように。

 

 

【穀雨】

【穀雨】

二十四節気の一つで旧暦の3月中旬頃。
新暦では4月20日頃にあたります。
春の季節では最後の節気となります。

「穀雨(こくう)」とは、
田畑の準備が整い
本格的な農作業に入る前に
田畑を潤し穀物の成長を促す
春雨の事をいいます。

花が散り、過ゆく春を惜しむ頃
日ごとに木々の緑も鮮やかになり
穀雨が終わる頃には
八十八夜を迎えます。

この頃になると
変わりやすい春の天気も安定し
日差しが強まって初夏の訪れが
感じられるようになります。

東京でも週末は大荒れの空模様でしたが
昨日は暖かな風が心地よく
それだけでも何か安心するような
身体がホッと緩むような
そんな気がいたしました。

先般の地震により被災された方には
心よりお見舞いを申し上げます。

お天気が安定して
不自由な中にも穏やかな心が
取り戻せている事を
願ってやみません。