Tag Archive for 上巳の節供

上巳の節供

3月3日は、五節供のひとつ上巳の節供です。

上巳というのは、上旬の巳の日のこと。

聞きなれない方も3月3日の「桃の節供」と言えばおわかりになるでしょうか。

お雛様を飾る女の子の節供として知られていますね。

 

でも、元々は女の子の日ではありませんでした。

水による禊(みそぎ)の日だったのです。

いわゆる流しびなというのは、現在でも行われている地域があります。

この日に、人の形をした紙に名前を書き、川に流して厄を祓っていました。

そこから、お人形遊びを女子がするようになり、お人形作りも盛んになっていたようです。

 

元々の意味を重んじて、目鼻口のない紙のお雛様を用意するという方もいらっしゃいます。

また、桃を飾るのは中国から伝来した頃からのようです。

桃の枝は邪気を祓うと言われていたそうです。

 

旧暦の3月3日は季節の変わり目ですので、疫病が流行ったり、体調を崩すことが多かったそう。

昔は現代のように医療は発達しておりませんので、本当に命取りだったのです。

ですから、そういった厄災から身を守るために、こうした行事を行って禊をしたり、

神様にお供え物をして、健康と長寿を願っていたのです。

 

 

 

お雛様、こんなふうに紙で作ることも出来ますよ。

薄橙色の女雛にはお扇子、薄緑色の男雛には笏を持たせました^^

上巳の節供(じょうしのせっく)

3月3日は五節供の一つ、上巳の節供です。

桃の節供とも呼ばれる日ですね。

いつの間にか、女の子のお祭りとなりましたが

もともとは、人形(ひとがた)に穢れを託して

川に流す厄落としの行事でした。

 

人形を流す風習は、源氏物語の『須磨の巻』にも

記されているとおり

古くからある風習でした。

 

平安時代の貴族の間では

この日に「曲水の宴」を催していました。

「曲水の宴」とは、雅楽が流れる中

曲がりくねりなが読み上げるとら流れる水のほとりに座り

流れてきた盃が自分の前を通り過ぎないうちに

短歌を読み上げるというものです。

盃を取り上げて酒を飲み

次に流すという雅な遊びでした。

 

京都あたりで再現されているのでしたら

是非、拝見したいものです。

どなたか情報がおありでしたら

お知らせくださいませ^^

 

さて、そんな優雅な気分で

明日は桃の花を愛でながら

白酒でも頂いてはいかがでしょうか。

 

桃の枝は邪気を祓うとも言われています。

お宅に飾っておくだけでも

効果を感じられるかもしれませんね。