名刺交換のマナーに自信はありますか

今日もお読みくださいまして

ありがとうございます。

前回に引き続き

ビジネスマナーです。

最近、リクエストが多いのが

名刺交換のマナーです。

20代の方だけでなく

30代の起業家、経営者の方

そして40代の方からも

もう一度しっかりしたマナーを

身に着けたいというお言葉を頂戴します。

確かに、間違った名刺交換の仕方をなさっている方に

よくお会いするようになりました。

特に20代~30代の方です。

何故かと思いましたら、

その間違ったやり方を推奨している

ネットの記事があったのです。

それを発見した時には

「これか!」

と驚いたものです。

とは言え何が間違っていて

何が間違っていないか

というのは受け取ったご本人が

決めることですので

一概には言えないのですが、、、

礼法の本質からは明らかに外れた

名刺交換の仕方でしたので

ここで正したいと思います 笑

まず大切なこと。

名刺は、お相手の分身です。

お相手本人と同じくらい

名刺も大事なのです。

大事なものは、

くれぐれも下半身に近いところでは

扱わないでください。

出来れば胸の辺りで

受け取るようにしましょう。

間違ったマナーの代表的なもの。。。

ネットに書いてあった間違いですが

お相手よりも低く出すのがマナーと

思われている方もいらっしゃいます。

相手より低く出すと、

お相手もさらに低くお出しになり

お互いにおへそより下で名刺交換する

ということになります。

 

「相手よりも低く出さなければ」

という気持ちは

「自分がどう思われたいか」

と自分に気持ちが向いています。

結果、大切なお相手の名刺を

とても低い位置で受けとるという

失礼な受け取り方をしてしまいます。

「自分がどう思われたいか」

というのは礼法にはありません。

お相手の名刺をきちんと

敬った気持ちで受け取れる形が

本当の礼法であり、マナーです。

どんなことにも当てはまります。

まずは、主語を自分から相手に

置き換えて考えてみましょう。

冒頭でも書きましたように

相手がどう思われるか、ですので

そのような方にお会いしましたら

お相手の気持ちを尊重しつつ

礼を失しないように

臨機応変も大切です。

一般的な注意事項は

・机越しにしない

・座っていたら立ち上がる

・目の前で書き込まない

などがあります。

講座で詳しくお伝えしております。

本質を見失わないように。

今日も実り多い1日となりますようお祈りしております。

—————————————–

研修のお問合せは、こちらから

題名に「研修」と入れてくださいませ。

研修費用は、人数や目的(日数)によって

変動いたします。

お打ち合わせ、お見積は無料でいたします。

もちろん個人でのレッスンも可能です。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です