何故マナー研修をするのでしょうか

 

先日は、マナーの講習で

書類や名刺の受け渡しの作法

そして、言葉遣いについて

お伝えして参りました。

研修や講義で取り扱いリクエストの多さ

ベスト3を挙げるならば

・身だしなみ

・言葉遣い

・名刺交換の仕方

です。

身だしなみは、経営者や上長が

注意したくても出来ないので

上手く伝えて直す方向に持って行って欲しい

というもの。

若い社員を抱えている

中小企業では必ず言われます。

確かに外部講師に言ってもらったら

楽ですものね 笑

言葉遣いは、やはり乱れを感じている方が多い

という事だと思います。

言葉遣いに関しては

出会って数秒で

「この人頭悪いのかな(失礼!)」

と思われる可能性をはらんでいます。

正しく美しい日本語は

その人の品格を高めてくれますよね。

特にアルバイト言葉、コンビニ言葉

と呼ばれるものは、私が百貨店にいた

20年前から言われていたことです。

今どきそんな言葉を使っていたら

どんな教育をしているのかと

思われても仕方ないのです。

そして名刺交換。

これは、企業研修というよりは

若い方全般に求められます。

何故ならば、新入社員研修などを

受けていない方が多いからです。

受けても、名刺交換を教えないケースもあります。

私が社会人になった時はそうでした。

女子社員が名刺交換することは

数年はないのですね。

ところが、20代でも外に出る部署に配置になって

初めての名刺交換のときには

本当に緊張しました。

正直言って、どうしたらいいのか

全くわかりませんでした。

幸い、こちらの立場がお客様という

立ち位置でしたので

それが影響することはありませんでしたが…。

私が担当させていただく研修では

全ての行動の「意味」を考えていただきます。

「何故」身だしなみを整えなければならないのか。

「何故」正しい言葉遣いをしなければならないのか。

本質を捉えなければ、

ご本人も経営者も

得たい結果は得られません。

仕事をするということは

お客様からお金をいただき

会社からお給料をいただくことです。

たとえ新入社員であっても

経営者、そしてお客様の視点になって

モノを見る習慣をつけることが大切です。

お辞儀や挨拶など

全ての参加者の動きを合わせる

それも大事ですが

それが仕事ではありません。

見た目を合わせようとするのではなく

心が一つになった時

自然と動きもそろってきます。

ご依頼戴く経営者の方も同じです。

単に見た目を整えるだけなら

いとも容易いことです。

しかしながら、社員が自主的に

進んで動かなければ

本来の目的は達成されないのです。

経営者の方にも一緒に考えていただき

本来の目的を見失わないような

研修を目指しています!

研修のお問合せは、こちらから

題名に「研修」と入れてくださいませ。

研修費用は、人数や目的(日数)によって

変動いたします。

お打ち合わせ、お見積は無料でいたします。

もちろん個人でのレッスンも可能です。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

Comments are closed.