正月事始め

※太宰府天満宮ウェブサイトより

12月13日は「正月事始め」です。

昨日、礼法のレッスンでお正月飾りのデモンストレーションのために

お花屋さんに松を買い求めに行きましたが、まだ売っていませんでした。

今はクリスマス向けの商品が中心ですね。

現代においては、この時期の街はイルミネーションも眩しく

クリスマス商戦が真っ盛りです。

26日に突然ガラッとお正月に衣替えする素早さも見ものですが

日本では古来、お正月の準備は13日から時間をかけて行っていました。

 

煤払いや松迎えを広く行われていました。

煤払いというのは、大きなお寺や神社などで長いハタキのようなもので

大仏様のホコリを払ったりしている様子がニュースで流れるのを

ご覧になる方も多いと思いますが、平たく言えば大掃除のことですね。

新しい歳神様を迎えるために、1年の汚れを払う行事です。

ハタキのような道具は、「煤梵天」と呼ばれます。

現代の家庭では、13日に大掃除では早すぎために

神棚や仏壇の掃除をするのだけでも良いと言われています。

 

松迎えというのは、門松に使う松を山に採りに行くことです。

松を採りに行くのは、一家の家長か年男の仕事とされています。

何れにしても男性の仕事でした。

女性は穢れているから、という理由が言われていましたが

家の中の仕事もたくさんありますし、男性が外に取り行くのは昔は

当たり前の分業だったのでしょう。

 

こちらのお読みの男性がたも、大掃除は率先して行ってみてはいかがでしょうか。

ゆめゆめ奥様やお母様に任せっぱなしになさいませんように。

 

そして、今はクリスマスにお忙しい方も

お正月の準備は28日までには済ませた方が良いようです。

29日は「苦の日」として、30日は「一夜飾り」として避けるのが日本の習わしです。

これ本当に実家にいた時は面倒だなぁと思っていましたが

今ではそういうことを気にする母親と共に暮らしていたことが

有難いと思うようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.