手水の作法

皆さま、こんにちは。10月も半ばになり秋が深まりましたね。

今月、前半のご報告をさせていただきます。

 

今月は、熊野本宮大社と伊勢神宮に参拝いたしました。

古の旅人に倣って、熊野本宮大社に参拝する前に

川湯温泉の公衆浴場で体を清めましたよ。

前回は、湯の峰温泉に宿泊しましたがお宿も超オススメです。

資本主義の手あかのついていない日本の原風景に出会えますよ。

 

日常では、お参りの前にいつでも体を清められるわけではないので

通常は神社の手水をしますね。

 

手水の作法

①まず右手に柄杓を持ち、お水をタップリすくいます。

②左手に水をかけて清めます

③柄杓を左手に持ち替えて、右手に水をかけて清めます

④もう一度、右手に柄杓を持ち替え左手に水をとり

口に含んで口の中を清めます

⑤最後に柄杓を縦にして柄に水を這わせ、柄を綺麗にして戻します

 

くれぐれも柄杓に直にお口を付けたり、ブクブクうがいをしたりしないように。

手も口も”汚れを落とす”というよりは”清める”という気持ちで行ってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は、熊野に宿泊はせずに、新宮に立ち寄ってから鳥羽へ。

翌朝から伊勢神宮へお参りしました。

雨に降られましたが、またその景色の美しいこと!

かなり強い雨で、雷までゴロゴロと言い出しまして、まさに禊の雨でした。

 

那智大社もとても空気の綺麗な美しい神社で、大好きな場所です。

毎回、那智勝浦の『竹原』さんでまぐろ定食をランチに頂きます。

有名なお店のようですが、東京では見かけない大きなまぐろのブツが美味しいですよ。

(個人的には、もう少し小さく切ってもいいかな、と(笑))

 

 

Comments are closed.