秋分

秋分は春分と同じく昼夜の長さが等しくなる日です。

太陽は真東から昇って真西に沈みます。

秋分を過ぎると次第に夜の方が長くなっていきます。

 

この日は空きの彼岸の中日で、国民の祝日の一つ『秋分の日』に定められ

亡くなった人の御霊を偲ぶ日となっています。

 

春分と同様、

西方の遥か彼方にある極楽浄土と現世がもっとも近くなる日として

各家庭ではおはぎや五目寿司、また個人の好きだったものなどを作り

仏前や墓前に供えます。

そして、家族揃って墓参りに出かけ、祖先の霊を供養する日でもあります。

 

今日、お墓参りに行った際にも彼岸花を見かけましたが

毎年、律儀にこの時期になると必ず咲き始めますよね。

私は、田んぼのあぜ道の脇に咲いているような様子が

いかにも日本の原風景という感じがして好きです。

 

この彼岸花、世界各地にあるらしいですね。

インドでは「マンジュシャカ」と呼ばれていて

サンスクリット語で「天界に咲く花」という意味だそうです。

日本でも別名は「曼殊沙華(まんじゅしゃげ)」と呼びますね。

意外だったのは、アメリカにもこの花はあるそうで

アメリカ名は「ハリケーン・リリー」

ハリケーンの時期に咲くからこの名前になったそうです。

 

日本では、少し暗いイメージの彼岸花ですが、呼び方が変わるだけで、

いきなりアッケラカンとしたイメージに変わるから不思議です(笑)

 

やはり彼岸花は、少し影のある雰囲気の方が合っている気がするのは私だけでしょうか^^

光があるから影があり、影があるから光が明るく感じます。

これから長くなる夜に供えて、本でも読んでみようとお考えの方に…

谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」、いかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.