畳の部屋で裸足は正式なマナー?

 

先日、頂いた質問です。
 
Q.「畳の部屋では、裸足か足袋を履くのが正式なマナー。料亭などでも気を付けよう」
とある記事に書いてあったのですが 、裸足はダメですよね?
 
 
A.裸足は正式なマナーではありません。
何故、裸足がいけないかと言えば、外を歩いて埃と汗のついた足で歩くと、畳が汚れるからです。
畳は天然素材ですので、洗剤で掃除したりは出来ません。
それに、日本では畳の上に直接お茶碗を置いたりする文化があります。そこを汚い足で歩くのは避けたいものです。
 
但し、例外があります。
旅館などに行って、既にお風呂に入って足を清潔にしてある場合。
ご自分の部屋で素足でくつろぐのは大丈夫です。
 
草履を履いていた時代のお話。
旅籠と呼ばれる宿では、たらいに汲んだ水かお湯で到着したお客の足を洗うサービスがありました。
足を洗ってもらったお客は、素足で上がることが出来たのです。
 
 
正式なマナー(お茶会など)
☆清潔な白足袋か白靴下に履き替える
  
普通のマナーは(料亭や他家訪問時)
☆足袋か靴下
  
リラックス場面でのマナーは
☆洗って清潔な素足
 
という感じですよ~。
旅行先のお部屋でくつろぎたいときにも、足を洗って素足になった方がペタペタしなくて気持ち良いですね。
 
夏、素足だったら、お友達の家に行くときも靴下を持って行って、履いてから上がると尚良し、です。
 
講座に参加するために、わざわざ靴下を買っちゃった!という方。
是非、こんなふうに普段も使ってくださいませ。
 
 

  

品格アップ|和食のマナーのポイント6+1の購読申し込みはこちら

Comments are closed.