大暑

7月23日は二十四節気の【大暑】です。
文字通り、1年で最も暑い時期です。
今年も暦通りに暑いですね。
  
子供たちは夏休みに入ります。
私が子供の頃は、この時期は決まって夕立が来ていました。
夕立が来る前はひんやりした風が吹き始めて
激しい雨が一気に昼間の暑さを流してくれます。
  
昔の人は、そんな効果を狙ってか
夕方になると玄関先に打ち水をしていました。
現代においてもそんな景色を見ると
気持ちが涼やかになりますよね。
  
風鈴も音で涼しさを感じようとしたもの。
この音で涼しさを感じるというのは
日本人の独特の感性らしいですね。
  
外国の方に聞かせたら
単なるガラスの触れ合う音
としか認識されなかったとか。
  
子供の頃から、
「風鈴は(涼しい音を楽しむ)夏の風物詩」
と脳が認識しているから体感温度が下がるのだそうです。
  
面白いものですね。
  
子供の頃、近所の家の軒に鉄の風鈴が下げっぱなしなっていて
冬の空っ風に吹かれてそれが鳴っているのを聞くにつけ
寒さが倍増して嫌だったのを思い出しました(笑)
   
さて、今年は風鈴でも下げてみましょうか。
  
 
 
 
【和食のマナーのポイント6+1】
メール講座始めました!読むだけでポイントがわかる!と好評です♬
登録はこちらからどうぞ



Comments are closed.