土用

明日は、暦では土用(どよう)の入りです。
土用というと「丑の日」が良く知られていますね!
では、土用とはどういう意味なのでしょうか。
  
五行(木気・火気・土気・金気・水気)を四季にあてはめると
春ー木、夏ー火、秋ー金、冬ー水
という組み合わせになります。
 
あれれ、土は?と思われるかもしれません。
土は、それらの季節の間になります。
 
つまり、
立春(2/4)・立夏(5/6)・立秋(8/8)・立冬(11/7)
の前の18日間を土用とするのです。
 
ですから、土用は1年に4回あるのです。
 
で、なぜ丑なのか。
 
私が子供の頃には、
どこの家にも日めくりカレンダーがありました。
 
そこには、大安・仏滅などの六曜と
「三りんぼう」などの選日
そして、十二支十干が日々書いてありました。
 
日々、干支が順番に書いてあるのです。
土用の期間にめぐってくる「丑」が
土用の丑の日なのです。
 
昭和な方は皆さんお分かりになると思うのですが
20代の方にお聞きするとほとんど知らないのです。
 
しかも、日めくりカレンダーというものが
家庭になかったそうです!
昭和のどこの家庭にもあったのですがね。
 
まぁ、どうしてもカレンダーがリビングに貼ってあると
生活感が出るので、貼りたくない方も多いですね。
特に日めくりカレンダーでオシャレなものは皆無ですからね。
 
かくいう我が家にもカレンダーはキッチンの目立たない場所に
ひっそりと貼ってあるだけです。
 
とは言え、そんなに大昔とも言えない昭和の時代は
いかに暦を大事にしていたことか
としみじみ思います。
 
「三りんぼう」には家を建ててはいけない
「仏滅」に結婚式をしてはいけない
「友引」にお葬式をしてはいけない
 
「土用」にもしてはいけないことあるんですが。
気にしすぎも良くないと思いますけれど
一応書きましょうか。
 
土用は土を動かすことは忌むといいます。
土いじりや土木工事ですね。
そこから転じて、土台に関わる引っ越しや
会社設立、大きな取引、なども避けた方が良いとされます。
 
但し、「間日」というのがありまして
夏土用の間日は、申・卯・辰の日。
今年は、7月20日、27日、28日、8月1日 です。
 
これはもう、日めくりカレンダー必携ですね!(笑)
ちなみに丑の日は、7月25日と8月6日です。
鰻を食べて暑さをスイスイと乗り切りましょう♪
 
 
23日の和食のマナー講座はお陰様で満席となりましたが
現在、キャンセル待ちを承っております。
こちらからお知らせくださいませ。
キャンセル待ち入力フォーム
 
 
 
 
【和食のマナーのポイント6+1】
メール講座始めました!読むだけでポイントがわかる!と好評です♬
登録はこちらからどうぞ
 
 
 



Comments are closed.