Archive for 2017年9月30日

お懐紙入れ

和服をお召しになった時だけではなく

いつでも持ち歩きたい懐紙。

和食のマナーや礼法のレッスンでは

その使い方をご案内しておりますが…。

懐紙を購入できる場所が意外と限られています。

刀と扇と懐紙は、かつての武士の必需品でもあったのですがね。

以前、男性受講者の方は即座にAmazonで購入なさって

いつも鞄に入れているとおっしゃっていました。

通販は便利ですね。

ただ、懐紙を持ち歩く際のケース

これがあまり売っていないのです。

茶道をなさる方のお懐紙入れは少々高価ですよね。

私は、以前に埼玉の小川町という紙の産地で購入した

紙のお懐紙入れを愛用しております。

時々「どこで手に入るのですか?」と聞かれますが

皆さまに小川町まで行って頂くわけにもいかず。

でも見つけました!通販です。

お懐紙の専門店 京都の辻徳さんで

紙の簡易的な懐紙入れを購入できます。

種類も色々あってお値段もお手頃です。

普段にお懐紙を持ち歩きたい方には

オススメの一品です!是非、ご覧くださいませ。

京都の会社ですが、時々東京でもデパートの催事イベントに出店なさっています。

 

辻徳 折形懐紙入れ HUTAE 鶴 白無地懐紙20枚入り

 

 

10月のレッスン

リピーター様限定!
礼法体験 フォローアップの会

10月8日(日)10:00~ 西新宿の和室にて
美しい所作を定着させるためのレッスンです。
お久しぶりの方も受けたばかりの方もお待ちしております。

時間をかけて所作をおさらいしますので、能書きは少々です^^
人間の動きが作法に則っているということで
部屋の空気が浄化されていくのを感じることが出来るでしょう。

 

日本人の礼節
和室の作法体験セミナー

① 10月8日(日)13:30~ 西新宿
②10月23日(月)15:30~ 高田馬場

和室で、立つ・座る・歩くといった基本的な動作から
和室でのタブーなど現代にも役に立つマナーと作法を体験頂きます。

実際に動いてみることで、昔の日本人がいかに足腰が鍛えられていたのかという事と、
和室で正しい所作を行うことが心の平静にもつながるという事を
実感していただける体験会です!
料亭などにお呼ばれした際、他家を訪問して和室に通された際
慌てず騒がず自信を持って堂々とエレガントにふるまえるようになりますよ。

 

メール登録いただきますといち早くレッスンのご案内をお送りいたします。
登録はこちらからどうぞ。

 

ストアカにも掲載しております^^↓↓

 

 

会費の支払い方

私が心から憧れるマダムがいます。

宮様から政財界、伝統文化の世界にまで

幅広い人脈がおありなのですが

意外と気さくで、美しくて品性があり、

ユーモアもあり、気配り上手です。

私のような若輩者を呼んだ時には、

必ず隣に座らせてくださり

飲み物や食べ物についても

気を配ってくださいます。

(もちろん周りの男性がたにも)

そして、別れた後には必ず

御礼のメールをくださいます。

いつも周りの人が快適にいられるように

さりげなく気を配る。

そして、さりげなく教育してくださいます。

セミナー代などは私も自分の経験上

ピッタリの金額を用意するように

心がけているのですが

いわゆる飲み会のようなときには

全く気にしていなかったのです。

ある日、そのマダムがお食事会にお誘いくださいました。

会費を支払う際、1万円札しかなかった私に

「こういう時には千円札を用意しておくものよ」

と小声でご指導を賜りました(汗)

(もちろんご本人は全て千円札で支払い

会計の方がお釣りで苦労しないように

気を配っていらっしゃいましたよ)

簡単なようでいてなかなか出来ないことです。

人は誰でもありのままで素晴らしいものですが

1歩進んでみると相手がより良くなる方向に導く

というのも大切ですよね。

素晴らしい見本となる方がいてくださる事に

本当に感謝です。

 

« Older Entries