Archive for 食事のマナー

和食のマナー講座 & 実践ランチ会 開催報告

みなさま、こんばんは。

7月23日(日)に和食のマナー講座&実践ランチ会を開催いたしました。

7名満席での開催となりました。ありがとうございます。

今回ご参加くださったのは、男性1名、女性が6名。

しかも20代の女性がお2人も♪

お若いうちにマナーを学ぼうとする姿勢、素晴らしいですね。

これからが楽しみです!

 

講座では、まず和室にて和食の基本マナーと和室の作法をお伝えしました。

「初めて知った!」という声やご感想も頂きました。

やはり身近でありながら意外と知られていないのですね、和食のマナーって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今回は初めて

◆マナー以前のマナー

◆お食事の作法

◆美しく見える所作

の三段階を説明いたしました。

 

マナーというのは、「マナー以前のマナー」が出来てこそ

その上の段階の「お食事の作法」や「美しく見える所作」が生きてきます。

だから、一番大切なのはマナー以前のマナー。

それは、姿勢と音の慎み です。

 

せっかく、作法が完璧であっても

肘をついて食べていたのでは、台無しですものね。

どうも世間のマナーの記事やテレビ番組では、基本をとばして

高レベルなこと、しかも絶対に正しいというわけではないものを

絶対的なマナーとして紹介しているケースが多いのです。

だから、これは入れたいと思ったのです。

 

本来は、マナー以前のマナーが守れていれば、あとは国や地域の文化や格式によって臨機応変にすれば良いのです。

臨機応変に出来るようになるために、私たちはマナーを学んでいるのですよ。

 

そして、和室の最後に「和室の三大タブー」についてもご説明いたしました。

和室のマナーは日本の文化。

守っていく必要があります。

畳の文化、もっともっと理解しようとする方が増えると良いな、と思っています。

 

というわけで、マナー本やインターネットではみつけられないようなことをお伝えしております。

「嫌い箸」などはウェブで調べられますので、皆さまも時々はご覧になってみてくださいね。

さらにその上の知識や歴史背景をお知りになりたい方は、是非、講座を受けにいらしてくださいませ。

 

和室の講座後は、パークハイアット東京の40階にあります「梢」にて美味しいランチを頂きながら、所作を確認いたしました。

 

 

最初は、皆さま緊張気味でした。

どうしても、お椀よりお箸を先に持ってしまう…。

とにかく無言で集中、という姿が印象的です。

やはり空のお椀でするのと、実際のお食事で体験するのでは違いますね。

3週間も練習すれば、無意識に刻み込まれますのでご安心くださいませ。

 

とは言え、こんなふうに動作に集中することも自分の内面磨きになります。

「集中力・決断力が養える」というご感想をいただく、武家の礼節レッスンと同じ効果ですね。

 

 

嬉しいご感想も頂いておりますので、次回のブログより順次ご紹介させていただきます。

このようなご縁のある方に参加頂き感謝です。

ご縁の輪と和ごころの輪が広がっていくことを切に願っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

和食のマナーで忘れがちなこと

私たち日本人が日常的に頂いているのが和食です。

しかしながら、学校では和食の食べ方や作法などは、ほぼ教わりませんよね。

家庭でのしつけに全面的に頼っているのが和食のマナーです。

だからこそ、個人個人で大きな差がついてしまうのです。

 

人として、生きる上で食べることは欠かせません。

しかしながら、食欲をあからさまに表現する動作は獣と同じである

と江戸の儒学者 貝原益軒は語っています。

 

いかに、食欲をコントロールしながら人間らしく食べることが出来るか

そこにその人の品性が現れます。

 

なかなか1人では気づくことが出来ませんが、

食事の際にふと客観的にご自身を俯瞰してみてはいかがでしょうか。

 

かくいう私も、小食で食べるのがゆっくりなために小学校では苦労しました。

(給食を残さず食べなければならなかったので)

 

今でも、その頃の思い出を引きずっているのか、「急いで食べないと食べきれない」

と思って急いで食べている時があります。

ふと我に返って「よく噛んでいないな」と思ったり。

 

自分の身体にも負担をかけないようにするのも、自分へのマナーなのです。

まず第一に、食べるときの姿勢を整えます。

そして、よく噛んで頂きます。

どちらも、人に不快感を与えず、体に負担を掛けないためです。

 

自分を客観的に見る習慣、つけたいものですね。

そこから、食べ方の作法を学んでいくと、スッと身体が自然に動くようになります。

 

おとなのマナーと礼法教室では、和食のマナーのメール講座があります。

和食の作法を気軽に学べますので、興味がある方は是非ご登録くださいませ。

品格アップ|和食のマナーのポイント6+1の購読申し込みはこちら

 

また、7月23日には和食のマナー講座を開催いたします。

和室で和食のマナーと和室の作法を学んだ後に実践ランチ会がついています。

1日でしっかりと学べるコースになっております。

こちら、残り5席でございます。

ふるってご参加くださいませ。

🍚和食のマナー講座 & 実践ランチ会🍚の参加申し込みはこちら

社員のためのテーブルマナー出張講座

先日は、礼法を学んでくださっている経営者ご夫妻と

そちらの会社のスタッフ向けテーブルマナー講座のご依頼がありまして

伺って参りました。

 

まずは、事務所にて座学を学んで頂きました。

そのマナーや所作の背景を知ることが大切。

 

何故なら、食事のマナーにはその国の文化的な背景がたくさんつまっています。

その文化を理解せずして形だけ真似てもそれはメッキでしかありません。

 

ですから、最初にお聞きします。

「マナーは何故学ぶのですか?」と。

 

相手を評価するため?

 

 

違います。

 

自分が恥をかかないため?

 

 

違います。

 

何のために講座を受けてマナーを身に着けるのかゴールが明確にないと型を覚えただけでは迷走してしまいます。

 

マナー講座をしていると

「あ、これ芸能人格付けランキングでやってました!」

というお声をよく聞きます。

(さすがに今回伺った会社は、知的な方が多かったのでそういう声は聞かれませんでしたが)

 

そうなんです。

 

何気なくいま書いてしまいましたが、その形や方法を知っているかどうかだけで、相手を格付けするということは、知的な人は決してしないのです。

 

何故なのか?

それは、講座を受けていただければ、お分かりになるでしょう。

とても一言でココに書き切れるものではありません。

 

マナー講座は、

芸能人格付けランキングやそれに類するテレビのマナー番組とは、全く違うものとお考え下さい。

 

こんな時どうするのか?

それは、インターネットや本でいくらでも調べることが出来ます。

 

専門家から学ぶという事には、それなりの大きなメリットがなければ

と考えております。

 

それがマナーの本質を捉えていただくことです。

そして、その本質を捉えていれば、相手をジャッジしたり、攻撃したり

そういう事がなくなります。

 

マナーは平和のためにあります。

 

出張講座、

座学の後には、みんなで実際にコース料理を頂きながら実践の経験を積みました。

 

食事中の会話も途切れず、

とても信頼関係のあるメンバーなのだと感じさせて頂ける時間でした。

 

このような会社で働いている方は、幸せですね。

幸せな人は、平和を作れます。

良い循環が生まれます。

 

平和な環境をわが社にも是非!

という方は出張講座を承ります。

お気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

 

座学ではフォークとナイフを
実際に持ってみたり…。

 

 

 

 

 

 

お食事後に感想を共有する時間を
作ってくださいました!

 

 

全員で記念撮影📷

 

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしい会社です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« Older Entries