Archive for 暦・節供

節分

新宿十二社 熊野神社で節分祭に参加してまいりました。

今年は年女ということで、初の神社での豆まきを体験。

節分というのは、季節の変わり目の事。

立春の前日、大晦日みたいなものです。

本来は、立春だけではなく

立夏、立秋、立冬の前の日が節分でしたが

立春の前日だけが残りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼は~外!

鬼は~外!

鬼は~外!

かなり長いこと鬼さんがいらっしゃいましたので

みんなお豆をたくさんまきました。

 

その後は福の神様がお出ましになって

今度はやんわりと

福は~内!

福は~内!

福は~内!

とまいていくと

福の神さまがお守りをくださいます。

 

なかなか前へ行けない私にお守りをもらってきてくださった方がいて

とてもうれしかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなふうに、誰もが色んな方に支えられて、そして支えあって

生きているんだなぁとしみじみ思ったりして。

なかなか一人で頑張り切れないこととか

苦手なこととかありますよね。

誰かに助けを借りてもいいんじゃないかなって思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大雪

【大雪(たいせつ)】12/7~21頃

今日は二十四節気の大雪です。

小雪から数えて15日。

本格的に冬が到来するころです。

今週は暖かい日が続きましたが

昨日の夜あたりから一気に冷え込みましたよね。

東北や日本海側では大雪になるようですね。

この時期になると、それまで どんなに暖かくても

不思議と山は雪に覆われ始めます。

それが暦なのです。

文明の発達していない時代

暖かいからといって油断していたら

一気に霜が降りて、農作物が全滅する

というようなこともあり得たのです。

そういうことにならないために

「暦」というものが出来ました。

すごく暖かったけれど

もうすぐ大雪だから霜の準備をしておこう

などと対策が出来たのです。

日本人ならこの季節の微妙な移り変わりを

活かしながらも、楽しんで 味わっていきたいですね。

何故ならば、人間も自然の循環の一部だというのが

日本の考え方だからです。

ちょっとしたビジネスの場での会話にも

どうぞ日本の暦を取り入れて

外国の方にもご紹介出来たら

素敵ではありませんか?

ということで、

久しぶりに 暦の記事を再開させていただきました。

さて、我々現代人は

そろそろウールのコートを着たり、

ロングブーツを履いても 汗ばまなくなって来ましたね。

今週末には、 冬の本格的な到来を実感しそうです。

どうぞ温かくしてお過ごしくださいませ。

 

八十八夜

今日は、二十四節気の立春から数えて88日目。雑節の八十八夜です。

雑節というのは、二十四節気を補完する暦で主に農作業の目安になっています。

昔は、この時期まで遅霜に注意するように、と言われていたそうです。

霜が降りてしまったら、せっかくの農作物のが台無しですからね。

寒い夜には翌日の霜を恐れて対策をしていたのかもしれません。

そう思うと、お天気に構わず仕事が出来る現代は気持ちが楽ではありますが

お天気に敏感に反応せざるを得なかった農耕民族だったからこそ

日本には季節を楽しむ行事や歌がたくさん残っているのでしょうね。

 

さて、八十八夜で思い出すのは「夏も近づく八十八夜♬」というお茶摘みの歌ですね。

この時期に手摘みされた茶葉は新茶として高級品です。

昔は、不老長寿を叶えると言われていました。

いきなり現実的なお話になりますが、この時期はまだ害虫も少ないのです。

ということは、農薬の量も少ないお茶といえるそうです。

東京近郊の茶畑でお茶摘みが始まるのはもう少し先のようですが

普段、日本茶を飲まない方もこの時期の新茶は是非味わってみてくださいね。

本当に素晴らしい香りと色と味が楽しめますので。

 

先日の実用礼法入門講座では、お茶の出し方を学んでいただきました。

出し方に少し気を配るということが、心をこめるということに繋がります。

夏から始まる中級講座では、お茶の淹れ方を学んでいただきます。

美味しくなるように1つ1つの動作に気を配るということは、

即ち心をこめるということ。

基本を体得したら、相手に合わせて臨機応変にすることが出来ます。

それが本当の「もてなし」です!

中級講座から受講することも出来ます。

日程などはこちらからメール登録いただきますと、早めにお知らせが届きます。

https://www.reservestock.jp/subscribe/48743

« Older Entries