Archive for ブログ

10月のレッスン

リピーター様限定!
礼法体験 フォローアップの会

10月8日(日)10:00~ 西新宿の和室にて
美しい所作を定着させるためのレッスンです。
お久しぶりの方も受けたばかりの方もお待ちしております。

時間をかけて所作をおさらいしますので、能書きは少々です^^
人間の動きが作法に則っているということで
部屋の空気が浄化されていくのを感じることが出来るでしょう。

 

日本人の礼節
和室の作法体験セミナー

① 10月8日(日)13:30~ 西新宿
②10月23日(月)15:30~ 高田馬場

和室で、立つ・座る・歩くといった基本的な動作から
和室でのタブーなど現代にも役に立つマナーと作法を体験頂きます。

実際に動いてみることで、昔の日本人がいかに足腰が鍛えられていたのかという事と、
和室で正しい所作を行うことが心の平静にもつながるという事を
実感していただける体験会です!
料亭などにお呼ばれした際、他家を訪問して和室に通された際
慌てず騒がず自信を持って堂々とエレガントにふるまえるようになりますよ。

 

メール登録いただきますといち早くレッスンのご案内をお送りいたします。
登録はこちらからどうぞ。

 

ストアカにも掲載しております^^↓↓

 

 

会費の支払い方

私が心から憧れるマダムがいます。

宮様から政財界、伝統文化の世界にまで

幅広い人脈がおありなのですが

意外と気さくで、美しくて品性があり、

ユーモアもあり、気配り上手です。

私のような若輩者を呼んだ時には、

必ず隣に座らせてくださり

飲み物や食べ物についても

気を配ってくださいます。

(もちろん周りの男性がたにも)

そして、別れた後には必ず

御礼のメールをくださいます。

いつも周りの人が快適にいられるように

さりげなく気を配る。

そして、さりげなく教育してくださいます。

セミナー代などは私も自分の経験上

ピッタリの金額を用意するように

心がけているのですが

いわゆる飲み会のようなときには

全く気にしていなかったのです。

ある日、そのマダムがお食事会にお誘いくださいました。

会費を支払う際、1万円札しかなかった私に

「こういう時には千円札を用意しておくものよ」

と小声でご指導を賜りました(汗)

(もちろんご本人は全て千円札で支払い

会計の方がお釣りで苦労しないように

気を配っていらっしゃいましたよ)

簡単なようでいてなかなか出来ないことです。

人は誰でもありのままで素晴らしいものですが

1歩進んでみると相手がより良くなる方向に導く

というのも大切ですよね。

素晴らしい見本となる方がいてくださる事に

本当に感謝です。

 

秋分

秋分は春分と同じく昼夜の長さが等しくなる日です。

太陽は真東から昇って真西に沈みます。

秋分を過ぎると次第に夜の方が長くなっていきます。

 

この日は空きの彼岸の中日で、国民の祝日の一つ『秋分の日』に定められ

亡くなった人の御霊を偲ぶ日となっています。

 

春分と同様、

西方の遥か彼方にある極楽浄土と現世がもっとも近くなる日として

各家庭ではおはぎや五目寿司、また個人の好きだったものなどを作り

仏前や墓前に供えます。

そして、家族揃って墓参りに出かけ、祖先の霊を供養する日でもあります。

 

今日、お墓参りに行った際にも彼岸花を見かけましたが

毎年、律儀にこの時期になると必ず咲き始めますよね。

私は、田んぼのあぜ道の脇に咲いているような様子が

いかにも日本の原風景という感じがして好きです。

 

この彼岸花、世界各地にあるらしいですね。

インドでは「マンジュシャカ」と呼ばれていて

サンスクリット語で「天界に咲く花」という意味だそうです。

日本でも別名は「曼殊沙華(まんじゅしゃげ)」と呼びますね。

意外だったのは、アメリカにもこの花はあるそうで

アメリカ名は「ハリケーン・リリー」

ハリケーンの時期に咲くからこの名前になったそうです。

 

日本では、少し暗いイメージの彼岸花ですが、呼び方が変わるだけで、

いきなりアッケラカンとしたイメージに変わるから不思議です(笑)

 

やはり彼岸花は、少し影のある雰囲気の方が合っている気がするのは私だけでしょうか^^

光があるから影があり、影があるから光が明るく感じます。

これから長くなる夜に供えて、本でも読んでみようとお考えの方に…

谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」、いかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

« Older Entries Recent Entries »