Archive for ブログ

日本人の礼節 和室の作法セミナー

8月11日は、『日本人の礼節 和室の作法セミナー(体験会)』
を開催いたしました。
 
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。
 
和室が家にない方、あっても荷物を置いていて使っていない方…
和室に座るというコト自体が少なくなっていますよね。
 
思いがけず、
✓法事で和室に通された
✓会食が靴を脱ぐ日本料理のお店だった
✓結婚相手の実家に訪問することになった
 
というときに慌ててしまった経験はありませんか。
 
畳の部屋での「立つ」「座る」という動作だけでも
基本をしっておくといざという時に美しくふるまえますよ。
 
さらに、訪問の基礎的なマナーもお伝えいたしますので
お相手に嫌な思いをさせることなく
良い印象と信頼感を与える事が出来ます。
 
この日も外資系企業にお勤めの女性がいらっしゃいました。
私も少しだけ、アメリカ企業でのお仕事を
お手伝いさせて頂いた事がありますが
全く風土が違うのでビックリいたしました。
 
まさにお国柄の違いを感じました。
 
そんな環境で、頑なに日本の作法を通すのは野暮です。
 
だからと言って、
外国の企業風土に何の疑問も持たずに
随ってしまうのもどうかと思います。
 
大切なのは、「こういうものだ」と
本来の日本の礼節を知っていること。
 
そして、「やろうと思えば、いつでも実行出来る」ということ。
 
これは、学校では教えられませんので、
家庭で親から子へ受け継ぐべきことです。
 
日本人なのだから、自分の国のことを知っているのは当然です。
そのうえで、外国の文化を教養として身に着けていくものなのです。
 
 
和室の作法体験セミナーでは、
立つ、座るなどの和室での基本的な動き
 
そして、訪問のマナーを学ぶことが出来ます。
 
是非、「おとなとして」の常識を
もう一回見つめなおしにいらしてくださいませ。
 
今月は、もう1度
8月16日(水)10:00~
高田馬場にて開催されます。
 
継続は力なり!
リピート受講は、2000円です。
 
是非ぜひ、ふるってご参加くださいませ。

日本人の礼節 和室の作法 体験会 8/16の参加申し込みはこちら

 

 

 
【和食のマナーのポイント6+1】
メール講座始めました!読むだけでポイントがわかる!と好評です♬
登録はこちらからどうぞ


立秋

今日は、二十四節気の一つ立秋です。

暦の上では、秋ということですね。

今日を境に、「暑中お見舞い」は終わり

「残暑お見舞い」になります。

 

何だか、夏休み真っ盛りなのに”残暑”や”秋“って

ピンと来ない感じですよね…

でも先日、秋の虫の鳴き声を聞いてしまいました。

 

そう、秋は着実にそこまで来ています。

 

秋立つ日読める

秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる

 

古今和歌集に収められている歌です。

まさに立秋の日に詠んだのですね。

平安時代の藤原敏行の作ですので

今から1000年以上前に詠まれた歌です。

 

その時代にも、

立秋の日にはまだ「秋が来た」という

目に見えるようなハッキリした

景色の変化はなかったのですね。

 

ですが、「風の音にぞ驚かれぬる」というのは

秋めいた涼しい風に「あら?」と思った

という感じでしょうか。

 

ちょうど今頃は、夕方に思いがけず涼しい風が吹いて

「あら?」と思う事がありますよね。

 

景色に変化はないけれど

そのちょっと涼しい風にハッとする感じ。

1,000年以上も日本人の感性って

変わっていないのですね。

 

何だか感慨深いものがあります。

 

是非、この美しい日本語の歌を

音読してみてください。

 

秋来ぬと(あききぬと) 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる

心が安らかになっていくのを感じられるでしょう。

美しい日本語、暦と共に大切にしていきたいものです

 

 

【和食のマナーのポイント6+1】
メール講座始めました!読むだけでポイントがわかる!と好評です♬
登録はこちらからどう
 

          

           

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<AD>

チョットしたことが日本の美しい礼節文化を守る

昨日は、お中元のお話でしたね。

贈り物と言えば、皆さまのお母様やお祖母様は

贈り物の包み紙を丁寧に畳んで取っておいたりなさっていませんでしたか?

 
私の母は、習慣で包装紙やリボンをため込んでいて、
子供ながらにそれが嫌でした。
 
アメリカ人は、贈り物の包装紙は豪快にその場で破って開くというのを聞いて
その方がよほど潔いなあ、と子供心には思ったものです。
 
でも、今になって思うと、包装紙を綺麗に畳んで取っておく
というのは、昔の日本人の美しい習慣だったのですね。
 
たまたま私の母は、物が溢れる時代に大人になりましたので
その活用方法を見出せなかっただけだったのです。
 
本当は、本のカバーにしたり、メモ帳にしたり、
箱に綺麗な包装紙を貼り付けたりして
ひと手間かけて活用する方法はいくらでもあったのですね。
  
「もったいない」
という素晴らしい精神も
それを活かす知恵がなければ
モノで溢れかえる事になりかねません。
  
便利になって余るはずの時間に追われる現代人は
なかなか、ひと手間かける時間が出来ませんので
簡易包装を選ぶのも一つの手ですね。
  
とは言え、お気に入りのブランドの包装紙とリボンは
嬉しいものですよね。
特にラグジュアリーブランドのものは
布でしっかりと作られていてお金がかかってそうですし(笑)
 
リボンは案外、色々な使い道があります。
ちょっと花瓶に結んだり
バッグにつけたり
 
でも、そんな使い道が見いだせなかった
包装紙やリボンは、どうしましょう。
 
「もったいない」と「断捨離」のはざまで
揺れる日本人は多いと思います。
 
うまいところで、妥協点を見つける必要がありそうですね^^
いずれにしましても、日本においては
頂いた贈り物の包装紙は、
それをくださった方や包んだ方への配慮として
丁寧にテープをはがして
綺麗に畳んでおくのがマナーだと思います。
 
そして、頂いたものは上座へ置きましょう。
くれぐれも床に直に置くようなことは
避けてくださいね。自宅でも同じですよ。
頂いた食べ物を
ご仏前にまずお供えするのは
ご先祖さまには先に
美味しいものを食べて頂きたいと願う
美しい日本人の風習ですね。
お盆に田舎へ帰ったら
是非、お祖母様やお祖父様の良い習慣をみつけて
取り入れてみてください。
 
それが、日本の文化を守るという事に繋がります。
 
 
【和食のマナーのポイント6+1】
メール講座始めました!読むだけでポイントがわかる!と好評です♬
登録はこちらからどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

<広告>

« Older Entries