Archive for 和のマナー

大晦日のご挨拶

今日は大晦日ですね。

明日はお正月です。

お正月とは、歳神様を迎えること。

そのために、門松を建てたり、しめ縄を飾ったりします。

私は29日まで仕事があり、

昨夜になってやっと飾りが出来ました。

29日に飾りをするのは

「苦待ち」といって避けられてきました。

私の実家では、お餅をつくのも29日は避けます。

ですから、29日はお正月の準備全般

避けるという習わしが日本にはあります。

 

そして、31日は「一夜飾り」といって

これまた避けられます。

本来であれば、28日までに

お正月の飾りは済ませて

30日と大晦日はお料理の仕上げなどを

する日だったのではないでしょうか。

 

ところで、松に着けるこの紐結び。

「あげまき結び」と言います

神様の依代となるのです。

その昔、武具にもこの「あげまき結び」

着けていたそうです。

軍神が味方してくれるようにでしょうか。

 

余った紐で小さな小さな「あげまき結び」

を作ってみましたので

こちらを服につけたら戦いに破れることは

無さそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦うことはまずありませんが

神様に見つけてもらいやすくするため

ここぞというときには

こちらをお守りとして

身に付けておきたいと思います。

 

「あげまき結び」は、ワークショップでは扱いませんが

本講座では深くお伝えしております。

ご興味おありでしたら、お問い合わせお待ちしております。

 

さて、まだまだ掃除も終わりませんのでこの辺で。

皆さま1年間ありがとうございました。

皆さまにとって、平成30年が

素晴らしい年になりますように

お祈りいたしております。

新しい年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

2話まで公開中!メール&動画講座のご案内<1/6リンク訂正済み>

和食のマナーのメール講座を補完する動画を作成いたしました。

7回講座ですが、ただいま2話まで特別に公開しております。

是非、ご覧くださいませ。全て無料でご覧いただけます。

和食のマナー7つのポイント(1)

和食のマナー7つのポイント(2)

 

※上記のリンクがどちらも(1)の動画になっておりました。
2018年1月6日訂正いたしました。大変失礼いたしました。

 

メール講座と一緒に進めていただければ、より理解が深まります。
こちらも無料です。

♦ 和食のマナー7日間メール講座の購読申し込みはこちら

 

 

七五三

先日、文化の日の翌日に日枝神社にて七五三のご奉仕をしてまいりました。

ご祈祷にいらっしゃったみなさまへ、お神酒のお盃をお渡ししたり

改修したり、風船をお渡ししたり、、、

若く幸せに満ちたエネルギーをたっぷり受け取って参りました。

 

 

最近では、9月から(!)11月まで、長い期間お参りにいらっしゃるそうです。

そして一番多いのが、文化の日前後の土日なのだとか。

だから、この日に毎年、氏子からご奉仕を募るようです。

まぁ、日にちに囚われるよりも、文化的な行事が続く方が嬉しいので良しとしましょう。

 

この七五三、本来は11月15日なのですが

由来を皆さまご存知ですか。

 

三歳は、髪置きの儀といいます。

男女とも三歳で産毛を落として、髪の毛を伸ばしはじめる年。

 

五歳は、着袴の儀。

男の子が袴をつける日です。

この日は左足から袴を履き、碁盤の上から飛び降ります。

様々な説がありますが、天下を取るように!というのが有力説ですね。

 

そして、七歳は帯解きの儀。

女の子がこの日からきちんと着物の帯を締めます。

それまでは、大人とは違う着方をしているのですね。

 

と、こんな由来があって

五歳は男の子だけなのですね。

 

ご奉仕の終わりに懐かしい千歳あめを頂きました。

これは、昔から変わりませんね。

何だかホッとしました^^

でも中身はミルキーというのが最近の定番のようです。

 

 

 

 

« Older Entries Recent Entries »