Archive for 和のマナー

もてなし

さて、先日は節分でしたが

節分と言えば豆まきだけではありません。

 

柊の枝にイワシの頭を刺したものを玄関に飾るのをご存知ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

これは「魔除け」なのです。

 

子どもの頃に見かけて、とても恐ろしく思ったのを覚えております。。

最近では見かけなくなりましたでしょうか。

 

「イワシの頭=臭いもの」で魔除けになるのです。

 

以前、2月にある料亭に行きましたところ

前菜のお皿に、柊の小枝が添えてあり

4センチ四方くらいの小さなタタミイワシが載っていました。

 

まさに、この節分の魔除けをイメージした盛り付け。

これも、この風習を知っていたから気づけたこと。

「わぁ~節分だからか!」と思う。

これが、もてなしです^^

 

まさにもてなしとは、双方の心が通い合って

初めて成立するもの。

もてなす側だけが一生懸命でも意味がないのです。

 

茶の湯では、もっともっと高度な謎解きのような

もてなしが展開されます。

器の種類やお軸やお花や香炉

それらの色や名前(銘)などから

暦や行事や故事を連想させます。

 

もてなされる側だって気を抜けないのです。

 

だから、私たちもお客様としてお店に伺うときや

ご友人のお宅にお邪魔するときには

しっかりと気を張って

もてなされるにふさわしい客人になりましょう。

 

実践礼法ベーシック講座では、「もてなし」についても学んでいただきます。

まずは、和室の作法体験レッスンを受けてみてくださいね^^

 

 

 

 

床の間を拝見する

たいていの和室には床の間があり、掛け軸や季節のお花が活けてあります。
これらは、座ってちょうど良い高さに合わせて設えてありますので
料亭や旅館、どなたかのお宅をお邪魔した際
通された和室に床の間がありましたら、その前に座って拝見いたしましょう。
 .
くれぐれも立ったままのぞき込むことのないように。
用意して下さった、お家のご主人、料亭の女将さんに心を寄せましょう。
.
そんな和室の作法もお伝えします「和食のマナー講座」は
3月17日(土)に開催いたします。
美味しい和食を召し上がりながら学んだことを実践できるランチ会も
講座から引き続きお楽しみくださいませ。
また、もっと深い床の間の意味や正式な拝見の仕方につきましては
和室の作法(礼法)レッスンにてお伝えしております。
5月より本講座開講でございます。
どうぞお楽しみに!
和食のマナーメール講座をお申込みいただいた方には
優先的にご案内をお送りしております。
是非、右側のボックスよりご登録くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月のレッスンのご案内

日本人の礼節|和室の作法体験セミナー

 

2月10日(土)13:15~
西新宿会場(開場は13:00)

2月21日(水)13:15~
高田馬場会場(開場は13:00)

 

①と②は、同じ内容です。(両方参加されるのもOKです。リピート割引あります!)

参加費や詳細につきましては、日時をクリックするとご覧になれます。

どちらも少人数制で実際に体を動かして体験します。

 

営業職などお客様のお宅に靴を脱いで上がる機会のある方は必須の訪問のマナーです。

礼法は正統な日本のマナーです。

ビジネスマナーの講師をなさっている方も知識として礼法を知っておくことは必ずお役に立ちます。

 

礼法の歴史から、基本の立ち居ふるまい、現代にも役に立つ和室の作法が90分で体験出来ます。

和服をお召しになる方は、立ち居がずっと美しく優雅になりますよ。

お1人で参加される方も多くいらっしゃいますので、安心してご参加くださいませ。

« Older Entries