Archive for 服装のマナー

レストランでのドレスコード

マナー講座を開催していて、良く聞かれること。

それは、ドレスコードです。

結婚式やパーティでドレスコードがあるのは

よくあることですが

レストランのウェブサイトにも指定があります。

 

例えば、ホテルのメインダイニングでは

「男性のお客様はジャケットをご着用ください」

と書いてあるところがあります。

 

また、もっと多く見かけるのは

「スマートカジュアル」

というドレスコード。

 

これが何を着たら良いのがわからない

とよく聞かれるのです。

 

レストランのドレスコードについて考えるときに、

まずはそのお店が何故ドレスコードを設定しているのか?

という理由抜きには考えられません。

 

マナーには全て合理的な理由がありますが

このドレスコードにもそれは当てはまります。

 

お店は何故ドレスコードを設けているのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

丸の内の”アピシウス

 

それは、お店の雰囲気を大事にしたいから、に他なりません。

グランメゾンと言われる高級レストランでは

ロダンの彫刻やシャガールの絵画

バカラのクリスタルで出来たシャンデリアなど

調度品にもこだわりがあります。

 

来店したお客様はそういったものも楽しみに

いらっしゃるのです。

要はそれらに似合うお客さまに来て欲しい

ということ。

 

お金さえ払えば、お客なのだから、

何をしても良い、というわけではありません。

 

茶道でいうところの、亭主と客の関係と同じです。

亭主の用意したしつらえを理解する教養もお客には求められます。

 

スマートカジュアルの「カジュアル」ということばに

惑わされないようにしましょう。

日本人は、どんな高級なレストランに行くときでも

タキシード着る人はほぼ皆無ですし

少しオシャレし過ぎかな、ぐらいでちょうど良いと思います。

 

一般的に「ご遠慮ください」と書いてあるアイテム

× ショートパンツ

× サンダル(男性の)

× タンクトップ(男性の)

 

そうは書いていないけれどディナーでは避けたいアイテム

△ デニムパンツ

△ スニーカー

△ ポロシャツ(ジャケットなしの)

△ Tシャツ(ジャケットなしの)

△ レギンス

 

お店の品格を上げるようなお客様になれば

お店の方からも大切にされますよ❤

運が良かったら、お得意様だけのパーティーや

イベントにご招待されるかもしれません。

 

服装は自分の個性を表現するためだけのものではなく

その会の趣旨や相手、お店など

周りの方に合わせて選ぶものなのです。

 

ドレスコート、間違えないようにして

素敵なディナータイムをお過ごしくださいませ。

 

 

ストッキングとタイツの使い分け方

みなさま、こんばんは!

昨日はポカポカでしたが、今日は一転して北風が寒かったですね~。

こんな日は、足元が冷えるので女性は

厚手のタイツやブーツが欠かせませんね。

 

冬の強い味方のタイツですが

改まった席では好ましくないんですよ。

 

結婚式などのフォーマルなお式や褒章授与式

国会などの議会の場では

透明なストッキングにしてくださいね~。

 

タイツは”防寒”が主な目的です。

超目上の方が列席なさるような場所や

フォーマルな”式典”ではふさわしくないのです。

 

この境界線は難しいところですが、”式典”というのがポイントです。

目上の方とご一緒でも、ビジネスやプライベートなら問題ありませんが

オフィシャルな式典になったら透明なストッキングがよろしいでしょうね。

 

ちょっとしたカジュアルなパーティなどでは

気になさらずにタイツを履いてくださいね。

但し、ストッキングは薄ければ薄いほどエレガントなのです。

黒いストッキングの場合は少しセクシーになってしまいますが

パーティでは映えますね。

会場で履き替えても良いかもしれません。

 

ちなみに、生足は最もカジュアルなスタイルです。

結婚式に生足で参列するのはNGだというのは

どなたでもご存知かと思いますが

ビジネスシーンでもある程度の立場のある方は

ストッキングを履くのはマナーです。

 

国会に生足+パンプスで国会に出席なさった議員さんも

いらっしゃる様子ですが

一流のふるまいとは言えないですね。

 

ところで…アメリカ合衆国の大統領就任式は、

憲法で1月20日と決まっています。

極寒のワシントンD.C.で屋外での式ですが

ファーストレディーはベージュのストッキングで頑張っています!

出典元(http://www.harpersbazaar.com/)

 


こちらは昨年2月にホスピスを訪問なさったエリザベス女王陛下
出典元(共同通信

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに、徒歩で移動すこともありませんから

常にタイツではなくストッキングのご様子。

 

時と場合を読む力も年の功(笑)

30歳を過ぎたらすこしづつ身に着けていきたいものですね。

 

冬のお出かけの靴選びマナー

皆さま、こんばんは。

前回は、靴を脱ぐお店に行く場合はブーツは避けましょう

というお話をさせていただきました。

しかしながら、靴を脱がない場合でも

会食などの席では、ブーツではない方が良いのです

とほのめかしました(笑)

 

そもそも、ブーツというのは防寒や作業、乗馬のための外履きでした。

家の中で靴を脱がない欧州でもブーツは履き替えていたのです。

 

ですから、ビジネスの会食などではパンプスで

お相手への敬意を表現したいものです。

ブーツは「遊び」というイメージが強いですし

いきなりカジュアルになってしまいますね。

 

お相手へ敬意を表したいときだけではなく

ご自身が責任のある立場におなりになった際には

年配の方に「ギョッ」とされないためにも

お気をつけくださいませ。

 

そう考えると、お友達とのお食事やデートでは、

さほど気にしなくても良いのですね。

 

お洒落は自分のため

身だしなみは相手のため

と言われる所以ですね。

 

そして、、、どんな靴を履いているか、

ブーツかパンプスか、

という以前に大切な事があります。

ソールが減っていたり、

汚れている靴を履いている事の方が問題なのです。

 

帰宅した際には、お玄関できちんと靴を揃えつつ

靴の状態を見る習慣をつけましょう。

 

では、どんなふうにお玄関を上がって

靴を揃えるのが正しいのでしょうか^^

 

それは、礼法体験会でお伝えしております。

お玄関つきの和室でのワークショップですので

皆さまにも実際に体験していただきます。

 

2月19日(日)10時~11時半 西新宿 にて開催です。

詳細・お申込みは、下記をクリックしてご覧くださいませ。

一流人の”礼法” 体験会 2月の参加申し込みはこちら

 

 

 

« Older Entries